海洋土木・建築・海岸工事・高耐久性モルタル・ウォータージェット工法・コンクリート診断、補修は株式会社南組

お問い合わせ 011-595-7082 営業時間平日9時?17時

メールフォーム

「左官アシスト」曲面部試験施工見学会を静岡県浜松市で実施しました。

BLOG(ブログ)

トピックス

「左官アシスト」曲面部試験施工見学会を静岡県浜松市で実施しました。 2018.12.21

平成30年12月13日に静岡県浜松市南区富屋町の下飯田用水路補修工事現場で、曲面部への対応を可能にした「左官アシスト新型機」の試験施工見学会を実施しました。静岡県西部農林事務所の協力のもと県や土地改良区、建設資材関係者など約20人が見学会に参加されました。

当日は当社と工事受注者の文丘建設様、協力会社の東洋商事様とで作業を進め工程や特徴を紹介しました。
今回カーブした水路壁の補修も可能なように改良しており、静岡県西部農林事務所では今後効果を検証しながら積極的に活用していく方針であるということでした。

静岡県建通新聞(H30.12.19西部版)に記事が掲載されております。

「左官アシスト」試験施工見学会を北海道美唄市で実施しました。 2018.11.19

平成30年11月8日に北海道美唄市内の沼貝幹線用水路で農林水産省補助事業「官民連携新技術開発事業」として左官アシストの試験施工見学会を実施しました。用水路を管理する北海土地改良区の協力のもと北海道開発局などの発注者、施工業者、コンサルタント業者の関係者など約40人が見学会に参加されました。

用水路は供用開始から40~50年経過しており、幅2.5m、高さ1.5mの箇所で左官アシストによるエフモルの吹き付け、自動均し機での粗仕上げ、最後に職人による表面均しという一連の補修作業を実施しました。
今回カーブした水路壁の補修も可能なように改良しており、今後、水路の更新等が全国的に本格化することから、参加された方々は「エフモル」や「左官アシスト」による省力化・施工性・品質の高さについて注目されていました。

北海道建設新聞(H30.11.10)、北海道通信(H30.11.12)、北海道新聞日高版(H30.11.17)に記事が掲載されております。

農林水産省 官民連携新技術研究開発事業に「左官アシスト」と「エフモル」が採択されました。 2018.07.26

農林水産省 官民連携新技術研究開発事業に「左官アシスト」と「エフモル」が採択されました。
官民連携新技術研究開発事業は、農業農村整備事業の現場にすぐに生かせるほ場レベル(フィールドレベル)での創意工夫等による新技術開発を、官民の密接な連携の下に進めることにより、農業農村整備事業を一層効率的に推進することを目的としています。
この事業に「左官アシスト」と「エフモル」が高炉スラグ系材料及び機械化施工による超高耐久性断面修復・表面被覆技術の開発ということで採択され以下のサイトに掲載されております。

農林水産省 官民連携新技術研究開発事業サイト
http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/kanmin/keizoku.html