海洋土木・建築・海岸工事・高耐久性モルタル・ウォータージェット工法・コンクリート診断、補修は株式会社南組

お問い合わせ 011-595-7082 営業時間平日9時?17時

メールフォーム

補修工事

BLOG(ブログ)

補修工事

私たちの身近には多くのコンクリート構造物が存在しています。その構造物が近年になって、ひび割れ・漏水または剥落などが事故を発生させ、その危険性が大きな社会問題にもなっています。
さらに時代は、省エネ、耐久性、そして安全・健康への配慮などがあらゆるコンクリート構造物に対して強く問われる時代を迎えました。現在はすべて作り直す時代ではなく、健全性を長期に維持する時代です。
当社では、最良の補修工法・補強材料に精通した現場管理者や数多くの補修工事の経験を積んだ施工チームが責任を持って対応します。

補修工事

断面修復工法

  • 断面修復工法の画像01
  • 断面修復工法の画像02
  • 断面修復工法の画像03

自社開発のポリマーセメントモルタル『エフモル』を使い、左官工法や吹付け工法(湿式吹付)にて断面修復します。左官工法は従来から一般的に使われてきた工法で、型枠設置が不要であるため、断面修復箇所が小規模や点在している場合に主に適用されます。湿式吹付け工法は、セメント、水、砂、添加材、補強材をミキサで練り混ぜ、モルタルポンプにて圧送し、先端ノズル位置で空気の圧力により吹付ける工法です。また施工規模に応じて設備をコンパクトにでき、吹付け時の粉塵発生量を少なくできることが特徴です。

ひび割れ注入工法

  • ひび割れ注入工法の画像01
  • ひび割れ注入工法の画像02
  • ひび割れ注入工法の画像03

エポキシ樹脂を始めとする有機系補修材料や超微粒子セメント系(無機系)補修材料を適切に使い、注入施工します。必要に応じて、ひび割れ深さを調査機器を使って事前調査します。

表面被覆工法

  • 表面被覆工法の画像01
  • 表面被覆工法の画像02
  • 表面被覆工法の画像03

従来のポリマーセメントモルタルよりもひび割れが入りづらく、且つ耐久性の高いエフモル15(特殊繊維を1.5vol%混入したポリマーセメントモルタル)を使い、農業用水路やコルゲート装工用水路などの水利施設を表面被覆します。

表面保護工法

  • 表面保護の画像01
  • 表面保護の画像02
  • 表面保護の画像03

北海道大学と共同研究・共同出願によるケイ酸質系含浸材Long Savior-01(特許第4484872号)やBASFジャパンのシラン系含浸材で躯体の表面を保護します。

お問い合わせ