海洋土木・建築・海岸工事・高耐久性モルタル・ウォータージェット工法・コンクリート診断、補修は株式会社南組

お問い合わせ 011-595-7082 営業時間平日9時?17時

メールフォーム

レーザー凹凸測定機

BLOG(ブログ)

レーザー凹凸測定機

レーザー凹凸測定機とは

  • コンクリート構造物の摩耗・はつりによって生じた凹凸を測定する機械。

特長

  • ・農業用水路等の経年摩耗による不陸の測定を「短時間・高精度」で測定可能。
  • ・測定結果の解析により不陸量はExcel形式で出力。
  • ・1測線あたり300㎜@1.0㎜を約10秒で測定。
  • ・変位センサーの防水性能は「IP67」をクリア ※水中に浸漬する環境でなければ測定可能。

用途

  • ・農業用水路・水路トンネルなどのコンクリート構造物の不陸測定。
  • ・ハツリ後の不陸測定。
  • ・その他レーザー光を反射せず透過しない対象物であれば測定可能(適応可能の可否については要相談)

製品仕様

製品仕様
製品名 レーザー凹凸測定機
型式 KM800
管理番号 E09
測定可能範囲 300㎜×300㎜
測定可能深度 レーザー変位センサーから100㎜を0として±50㎜
使用時本体サイズ(幅×奥行×高さ) W430×D650.6×H199mm(サーボモーター含む)
重量 10.5Kg(制御BOX含む)
耐環境性 保護構造 IP67(コネクタ勘合部含む)
耐環境性 使用周囲温度/湿度 -10~+50℃/35~85%RH(氷結・結露なきこと)
繰返精度 20μm
電源 100V

測定機器

底版測定時

底版測定時

側壁測定時

側壁測定時

測定結果

測定結果
  • ①測定は@1.0㎜で測定距離は300㎜。測線数は等間隔で6測線測定。
  • ②測定結果はExcel形式で出力し解析。
  • ③測定結果は数値とグラフで不陸測定結果報告書として提出。
    (上図参照)

測定手順

測定準備 レーザー凹凸測定機を任意の位置に設置します。
img
測定開始 測定機の電源をONにし、スタートボタンを押すと自動的に測定が開始されます。
1測線当たりの測定時間は約7秒です。
img
測定終了 測定結果は付属品内SDカードにExcel形式で自動的に保存されます。
img
測定データ処理 Excel上で測定データを解析します。
img
報告書作成 部位別・下地処理方法別に凹凸データをまとめます。
img
完了

測定イメージ図

測定イメージ図
お問い合わせ